FX取引における損切り注文の重要性

FX取引では、少額の証拠金を元に、その数倍から数十倍の額の為替取引が可能です。

具体的には、数万円の証拠金の差し入れで、何万通貨単位という多額の通貨を一度に取引できることから、通貨ペアの為替レートが少し動いただけで大きな利益を得ることが可能です。しかし、逆に言えば、為替レートが想定の方向とは逆の方向へ少し動いただけで、大きな損失を抱えることになります。

トルコリラの有益な情報のご紹介です。

そこで、FXでは、儲けることばかり考えるのではなく、常に、想定とは逆にレートが動くことも考えて、損失を確定する損切り注文を使いこなすことが重要です。
FXでの損切り注文は、為替レートが現在のレートに対して損失が拡大する方向の値(逆指値)を設定します。
逆指値注文とも呼ばれます。

この注文を入れておくと、指定した逆指値までレートまで動いてしまったときは、現在保有しているポジションを強制的に決済するための注文が自動的に発動します。

例えば、1ドル=100円の為替レートであるときに、1ドル=99円の逆指値注文を入れておいた場合に、99円までレートが下がった段階で、保有しているドル円のロングポジションが強制的に決済されます。

逆指値をどのような値にするかはかなり重要です。

Yahoo!ニュースの口コミ情報をまとめました。

ポジションを多く保有している場合は、レートが少し変動しただけで損失が大きくなりますから、逆指値は現在のレートからわずかに離れた値に設定するのがよいです。


一方、ポジションが少ない場合には、レートが多少大きく変動しても損失は比較的小さいため、損切り注文が発動するのを極力抑えるため、逆指値を現在のレートから離れた値とするとよいでしょう。