FXはこれからの新たな投資スタイル

マイナス金利の時代に突入し、ここ20年近くゼロ金利が続いています。

FXについて紹介しています。

銀行にお金を預けても一向に増えませんが、税金や社会保険料の負担は増加する一方で、このまま何もしないと資産価値がどんどん目減りしてしまいます。

そこで、何らかの対策を取りたいところですが、株式の購入は企業が倒産するリスクがあってなかなか手が出せません。

日本経済新聞の情報検索ができます。

そのような方にはFXをお勧めします。


FXは、日本語で外国為替証拠金取引と言いますが、簡単に言えばドルやユーロなどの外貨を売買し、その差益を手に入れるという金融商品です。

例えば、1ドル100円の時に購入して1ドル110円になった時に売却すれば1割分の利益を得ることができます。

FXは購入だけでなく、先に売却から入ることもできます。FXの取引は基本的にインターネットサイト上から簡単にすることができ、手数料も株式に比べると非常に安く設定されています。
取り扱っている外貨は多岐にわたり、ドルやユーロはもちろんのこと、イギリスポンドやオーストラリアドル、またなじみの薄いトルコリラなどもあります。なじみの薄い通貨を購入すると、価格変動のリスクが大きく、またその国自体の信用リスクも高いため価格が大暴落することもありますので、慣れるまではドルやユーロなどの聞き慣れたものを扱うといいでしょう。その方が各種の情報も手に入りやすいので、投資する判断も付きやすくなります。

外国為替は日々変動しますのである程度長期的視野で投資するとよいでしょう。